気圧変化による頭痛や吐き気…どうにかしたいときの対処法は?

日常のケア

台風が頻繁に上陸したこの時期、今までとは違ったカラダ・ココロのトラブルに、とても大きな不安を抱いてしまった女性は多いのでは?
医療の現場では、「気象病」とも呼ばれているほど、不安定な天気の日は、頭痛や吐き気などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

ここでは、気圧変化による頭痛や吐き気の原因、おすすめの対処法3選をわかりやすくお伝えしていきます♪

台風による気圧の変化

台風の日に体調が悪くなり、特に頭痛や吐き気などのトラブルが起こりやすいのは、気圧の変化が大きな原因といわれているんです。

台風の日は、普段よりも気圧が低くなり、カラダの内部に細かに張り巡らされている血液やリンパ液の流れが不安定になってしまいます。
すると、循環が悪くなった体内の水流などの影響で、ストレスを感じやすくなり、自律神経の血管を収縮・拡張する働きが強くなり、頭痛や吐き気、場合によっては寝込んでしまうほどにカラダがダルくなるケースもあります。

頭痛や吐き気などの症状

台風の時の心配な頭痛や吐き気の症状には、
頭痛の場合
ズキンズキンとした脈打つような痛み、頭全体を強くを締め付けられるような不快感

吐き気の場合
胃がもたれ、食欲が低下したり、食品や飲料のニオイに敏感になる、実際に嘔吐してしまう
といった症状が起こりやすいといわれています。

天気が安定しているときは比較的健康でも、台風や梅雨、雨の日にこのようなトラブルが起こりやすい女性の場合は、気象病である可能性が高いため、セルフでのケアにプラスして、医療機関での専門的な検査や治療を受けることが推奨されています。

頭痛や吐き気などのトラブルが起こりやすい人は?

台風の時に頭痛や吐き気などのトラブルが起こりやすい人には、
・耳が敏感な人
・乗り物酔いしやすい人

といった特徴があるといわれているんです。

台風の時の体調不良には、内耳という鼓膜の奥にある部位が、気圧の変化を敏感に感じ取るため、そこから自律神経が過剰に刺激され、血管の収縮・拡張が頻繁になって頭痛が起こりやすくなります。

内耳の敏感な反応によって、台風の時はカラダが揺さぶられているように感じることから、乗り物酔いしやすい女性は特に、胃もたれや吐き気、嘔吐につながってしまうことがあるのです。

おすすめの対処法3選!

台風のときは、ちょっぴり不安な気持ちを抱いてしまうことが多いものの、自宅でのんびり、リラックスできるメリットがあります。
台風のときもココロとカラダが穏やかなままでいられるよう、頭痛や吐き気を未然に防ぐ方法と、トラブルが起きた時にすぐにできる対処法をまとめてチェックしてみましょう。

耳のツボを刺激する
耳のまわりや裏側には、健やかな体調・メンタル面をサポートする、たくさんのツボが存在しています。
耳たぶを軽く引っ張ったり、耳の裏のくぼんだ部分を強弱をつけて押すと、ツボが刺激されて頭痛が緩和・予防することができます。

耳を温める
台風時の体調不良に関しての研究をしているドクターによると、耳が冷えている人は頭痛や吐き気などのトラブルが起こりやすいという報告が。
耳を手のひらやホットタオルで温めると、カラダ全体に感じる痛みや不快感の緩和・予防につながるといわれていますよ。

自律神経を整える習慣を持つ
急激な気圧の変化に適応できないといわれている自律神経。

  • 良質な睡眠をとること
  • ストレスを早めに解消する
  • 栄養バランスの取れた食事を意識する

など、自律神経が整う習慣をいくつも持って、カラダの内側からのケアにも意識を向けてみましょう。

台風などの天気の変化は、わたしたちのカラダとココロの両方に、密接なかかわりがあるんですね。日頃から毎日の天候の変化をチェックしながら、前もって対策を取るように心がけると、今までよりもきっと健康的に、心地よく過ごすことができるはずですよ♪

kana

健康オタクでリサーチが趣味のフリーライター。 女性のデリケートなカラダとココロに寄り添える情報をわかりやすくお伝えします。

プロフィール

関連記事