季節の変わり目は体調の変化に要注意!気温に左右されない体の作り方

日常のケア

季節の変わり目になると、ガクッと体力が落ちたりカラダのコンディションが悪くなってしまうという女性、とても多いですよね。
ここでは、季節の変わり目になぜ体調を崩しがちになってしまうのか、気になる原因や、その原因にダイレクトにダイレクトにアプローチができる対処法・予防法をまとめてチェックしてみましょう。

季節の変わり目に体調を崩す理由とは?

夏の終わりや秋のはじめなど、季節の変わり目に体調を崩したり、普段よりも体力の低下を感じてしまう原因には、自律神経の乱れに大きな原因があるといわれています。

交感神経・副交感神経とふたつの種類がある自律神経は、季節の変わり目の急激な温度の変化、湿気の発生や空気の乾燥に対応しきれないことも…。

自律神経にとっても厳しい環境である季節の変わり目は、交感神経と副交感神経のそれぞれの機能・バランスが崩れてしまい、体調不良や体力低下はもちろん、お肌のコンディションまでもが不安定になってしまうこともあるのです。

体調がもしも崩しそうになったら?おすすめの対処法

季節の変わり目による厳しい環境では、ちょっとしたきっかけでも自律神経のバランスが乱れてしまうもの。
人によっては、起き上がることもツラいくらいに、体力低下や体調不良になってしまうことも少なくないので、ここからは、トラブルが深刻になってしまう前から準備できる対処法についてご紹介しましょう。

良質な睡眠を心がける

自律神経を安定させ、本来の体力と体調を取り戻すことに欠かせない睡眠。
良質な睡眠を心がけていると、朝に活動する交感神経・夜に優位に立つ副交感神経の働きが安定し、自律神経が整うことで、季節の変わり目の揺らぎやすい体調はもちろん、お肌も丈夫に整えていくことができます。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めたままなかなか解消できないでいると、自律神経にダイレクトな悪影響を与えてしまうため、季節の変わり目以外でも、不調に感じる日が増えていってしまいます。
無理をせず、仕事や家事の合間には、癒しのくつろぎタイムをこまめにとったり、気持ちが前向き・HAPPYに感じるような趣味をたくさん持つようにしましょう。

森林浴のススメ

森林浴をすると、リラクゼーション作用のある副交感神経が活性化し、自律神経がスムーズに整う効果を期待することができます。
森林浴では、適度に陽の光を浴び、軽い運動をプラスすることがおすすめ◎
すると、体内リズムが安定し、良質な睡眠がとれるようになったり、免疫機能を担う腸が健康になるため、カラダの内側からも季節の変わり目に強い体質に整えていくことができるんですよ。

気温に左右されないカラダの作り方とは?

徐々に涼しくなり、過ごしやすさを感じることが多くなったこの季節、朝や夜と日中との温度差がとても大きいもの。
寒暖差で体調や体力、肌質までが悪い影響を受けてしまわないよう、ここでは気温に左右されない丈夫で健やかなカラダを作るためのメソッドを見ていきましょう。

筋肉量を増やす

筋肉は、カラダの内部に熱を溜め込む性質を持っていたり、エネルギーを供給・産生する大切な役割があります。
適度に筋肉がついた女性のからだは、それだけでもメリハリがあって魅力的◎
普段からこまめに筋トレをしたり、上質なタンパク質を含む、魚や鶏肉、タマゴなどの食品を積極的に摂取してみましょう。

服装やアイテムに工夫を


寒暖差が激しい季節の変わり目は、脱ぎ着きがカンタンな薄手のカーディガンや、小さめのカイロ、ストールなど、気温に合わせて体温を維持できるファッションアイテム・温活アイテムを上手に活用してみましょう。

次の季節ももっとパワフル・健やかに、今までよりも充実した毎日を過ごすことができるよう、季節の変わり目の体調管理に役立つメソッドを、ぜひ実践してみてくださいね。

kana

健康オタクでリサーチが趣味のフリーライター。 女性のデリケートなカラダとココロに寄り添える情報をわかりやすくお伝えします。

プロフィール

関連記事