子宮頸がんはワクチンで予防できる!でも、日本の接種率は最低水準だった!

女性の病気

子宮頸がんの予防には、産婦人科医や専門家からも推奨されているワクチン接種が効果的な対策のひとつとされているのですが、実は日本での摂取率は世界的に見ても最低水準であることが明らかになっているんです。


日本では年間1万人もの女性が罹患し、およそ2,800人が死亡してしまうデータが報告されている子宮頸がん。
ここからは、子宮頸がんの基礎知識と、ワクチン接種の必要性・目的についてご紹介していきます。

子宮頚がんってどんな病気?


子宮頸がんとは、20代以上の出産・性交渉の経験がある女性に見られる病気のひとつで、その95%が、性的な接触によるHPVというウイルスの感染が大きな原因といわれています。
(HPVは、頸癌のみならず、咽頭がんやコンジローマの原因ともなります。)

子宮頸がんには、
・扁平上皮細胞と呼ばれる部分に発症する扁平上皮がん
・円柱上皮細胞と呼ばれる部分に発生する腺がん

のふたつの種類があり、特に腺がんの場合は、検診でも見つけづらいがんといわれています。

子宮頸がんワクチンとは?


子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんの予防法として、世界的にも推奨されています。
子宮頸がんワクチンの接種を受けると、このがんの原因となるHPVの感染を予防でき、がん進行による異形成という異常や、早期のがんを早めに発見できるメリットがあります。

子宮頸がんワクチンの種類と料金


子宮頸がんワクチンには、「2価」「4価」「9価」と呼ばれる3種類あり、ワクチンの種類によって予防確率が変わります。

  • 「2価」はHPVから頸がんになりやすい16型と18型に対応しています。
  • 「4価」はそれに加えコンジローマの予防も可能となっています。
  • 「9価」は9種類のHPVに対応できるもので、海外ではこちらのワクチンが主流となってます。

ただ、日本では認可されているのは「2価」「4価」となります。「9価」が接種できるクリニックも限られてはいますがあります。

また、1回当たり1万円〜3万円の料金がかかります。(10代であれば地域により補助が出ているところもあります。)

子宮頸がんワクチン接種の流れ


子宮頸がんワクチンの接種は、
・1回目の接種を行った1か月後に再度2回目を行う
・6ヶ月後に3回目の接種を行う
ことが、法に基づいた標準的な接種とされています。

ただ、子宮頸がんワクチンは、法に基づき、接種が強制されていないことが問題視されていたり、そもそも子宮頸がんワクチンの存在・目的を知らない女性も少なくはないと言われています。

子宮頸がんワクチンの日本の接種率を調べてみると…!?


子宮頸がんワクチンの日本の接種率は、日本産科婦人科学会のデータによると、2018年は1%、2019年は0.3%というとても少ない数値が報告されています。

また、子宮頸がん検診の受診率においてもOECD加盟国における日本の20代~69歳までの女性は、2015年の時点でわずか42.1%となっていることが明らかにされています。

子宮頸がんワクチンの世界的な接種率・状況について


続いては、子宮頸がんワクチンの世界的な接種量と、日本とは違った状況について参考にしてみましょう。

前項でもお伝えしたように、日本では、
・子宮頸がんワクチンの接種率:30%程度
となっているのに比べ、世界的には、
・イギリスやアメリカ:80%超え
・フランスなどのヨーロッパ全体:70%程度

というデータが、経済協力開発機構によって明らかにされています。

この数値を見ても、日本では子宮頸がんワクチンに関する意識や水準が、世界的な基準からとても低いことがわかりますね。

先進国では、子宮頸がん検診を受けること・子宮頸がんワクチンの接種を受けることは、どんな女性にも必要な検査・予防法と捉えられているほど。

子宮頸がんワクチンの検査は、手間も時間もかかるイメージが多いのですが、実際にはほんの数分で手軽に検査を受けることができ、気持ち的な負担はそれほどないのです。

また、海外では男性への接種も広まっています。前述したようにHPVは性行為での感染が多いため、男性側も子宮頸がんワクチンを接種することにより女性への感染を防ぐことができるのです。

赤ちゃんを育て、産むための大切な器官となる子宮の健康のためにも、子宮頸がん検診と、ワクチンの接種に、前向きな気持ちを持つよう、心がけていきたいですね♪

kana

健康オタクでリサーチが趣味のフリーライター。 女性のデリケートなカラダとココロに寄り添える情報をわかりやすくお伝えします。

プロフィール

関連記事